2022年5月17日の読書ログ

  • アケメネス朝ペルシア p.138-178
  • 世界史をどう教えるか p.1-46
  • カラマーゾフの兄弟 1 p.134-147

「世界史をどう教えるか」は、読書猿さんの記事で紹介されていたもの。
まだ読み始めですが、かなり面白い。
自分たちが教わった世界史と全く違うとは言いませんが、割と根幹の部分で重要なアップデートがあったことが分かります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。