ブックサンタに本を寄付しました

先日、ブックサンタに本を寄付しました。
これはチャリティの一種で、厳しい状況に置かれている全国の子どもたちに本を届けるプロジェクトです。
本屋さんで本を買い、そのままレジで寄付を申し込むことができるので、本選びを楽しみながら、手軽にチャリティに参加することができます。

こうした活動は本を集めることよりも、その本をどうやって配るのか、配る先を確保することが大変だと思います。
地道な活動をコツコツ続ける運営の方々には頭が下がる思いですが、そうした運営の方々の負担を少しでも減らすために、本のチョイスにも気を遣いました。
例えば、
・家庭の事情で続巻を買えない可能性があるのでシリーズ物は避ける。
・寄付は絵本に偏りがちなので小学校高学年や中高生向きが不足しがち。
こうしたことはHPに書いています。
(その後の追記で、12月中旬時点では「乳児向け絵本」「小学生向けの読み物」が不足しているとの情報が入りました。)

私は絵本を1冊と、青い鳥文庫から1冊、それにいまだ子どもたちに根強い人気を誇ると聞きつけた星新一から2冊選びました。
星新一ならどこから読んでもいいし、一つ一つのお話が短いから子どもでも楽しめるのではないかと。

受け取った子どもたちが喜んでくれることを祈りつつ。

【外部リンク】ブックサンタ 2021年度版の公式ページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

手が温かい

次の記事

たからもの