なぜ人はオナラの音を聞くと笑ってしまうのか

こんなことも哲学のテーマになりそうです。
そのテーマとは「なぜ人はオナラの音を聴くと笑ってしまうのか」

確かに「プー」という音が聞こえたり、「ブッ」という音が聞こえたり、「スー」という音(無音?)が聞こえたりすると笑ってしまうような気がします。

けど「なぜ笑うの?」と訊かれると、確かに説明が難しい。(なんでだろう?)
いくつか理由を考えてみました。

臭いから ……(臭いと笑うの?)
恥ずかしいから ……(なぜ恥ずかしいの?)
オナラをしてはいけないときに音が聞こえたから ……(してもいいときはいつ?)
誰のオナラか分からないから面白い ……(友達が『今からオナラをします!』と言ってしたときは?)
オナラの音で笑うのは文化だ ……(世界には笑わない文化もある?)

特に結論があるわけではありません。
皆さんも何か面白い理由を思い付いたら教えてください。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    前の記事

    犬の散歩の天才

    次の記事

    人形のへそ